M&Aニュース検索

1721

コムシスHD、日本アフター工業を完全子会社化 シナジー創出へ

  • 1
  • 2015年11月9日

純粋持株会社のコムシスホールディングス【1721】(以下「CHD」)は、CHDを株式交換完全親会社、日本アフター工業を完全子会社とする株式交換を実施すると発表した。

アフター工業の普通株式1株に対して、CHDの普通株式10株を割り当てる。

情報通信事業者間の熾烈な顧客獲得競争は、インフラ設備の拡充競争の時代からサービスメニューやコンテンツを競う段階に移行しつつあり、既に、インフラ設備構築のための設備投資は減少傾向に転じている。また、価格競争力を強化するためのコストダウン要請も今後一層強まるものと見込まれ、通信建設業として、このような市場構造の変化に迅速に対応しつつ、次代に向けて更なる成長・発展を期するためには、技術革新に対応するための高品質な施工技術力の維持・向上のみならず、より生産性の高い施工体制の再構築による市場競争力の強化と経営基盤の拡充が必要となっている。

このような状況のもと、今回の株式交換は、CHDの100%子会社であるTOSYSとアフター工業の長野県を中心とする対象地域、事業分野等について両社の強みを活かした事業展開と経営資源の連携によるシナジーを見込んで、検討するに至ったもの。