M&Aニュース検索

東芝、米国大手エンジニアリング会社を子会社化 原子力事業強化

  • 8
  • 2015年10月29日

大手総合電機メーカーの東芝【6502】は、グループ会社であるウェスチングハウス社(以下「WEC」)を通じて、米国大手エンジニアリング会社CB&Iとの間で、同社の子会社で、原子力の建設と統合的なサービスを担うCB&Iストーン・アンド・ウェブスター社(以下「S&W」)を取得することに合意したと発表した。WECは、2015年末までにS&Wを完全子会社化する予定。

WECは、現在米国と中国で建設中の8基のAP1000™プロジェクトを、S&Wをコンソーシアムパートナーとして推進。米国では、サザン電力のボーグル発電所と、スキャナ電力のV.Cサマー発電所向けの2つのプロジェクトを推進しており、それぞれ2基ずつ建設工事が進められており、今回のS&Wの取得により、S&Wが担っていたこれら2つのプロジェクトの建設工事は、今後WECの子会社としてS&Wが進めることになる。

今回のS&Wの取得による事業の拡大により、WECは世界における原子力事業での地位を強固なものにしていく考え。