M&Aニュース検索

9869

加藤産業、植嶋の菓子卸売事業を譲り受け 菓子カテゴリーの拡充を狙う

  • 7
  • 2015年10月21日

酒類・食品の卸売を主要事業とする加藤産業【9869】は、お菓子の商社と称される植嶋の菓子卸売事業を譲り受けると発表した。

加藤産業グループは、独立した存在感のある全国卸売業としての企業規模を確立するとともに、次代の成長を見据えて一層の機能強化を図るため、創立70周年である平成29年9月期までに売上高1兆円、経常利益130億円の達成を目指している。

今後、加藤産業グループは、植嶋の菓子卸売事業を譲り受けることにより、菓子カテゴリーの拡充に向けての事業基盤を確立し、グループ各社との協業をより進めて卸売機能の充実とサービスの向上に取り組み、豊かな食生活の実現のために流通全体の最適化を目指す。