M&Aニュース検索

キャプチャ

神鋼商事、国内外卸売事業会社の株式の取得 販売体制強化へ

  • 3
  • 2015年10月5日

神戸製鋼所直系のメーカー商社である神鋼商事は、中山金属が新設分割により設立する国内卸売事業会社の株式の80%を取得し、同社及び同社海外子会社を子会社とすると発表した。

神鋼商事は、2013年6月に策定した中期経営計画の中で、非鉄金属部門における「国内販売体制の強化による売上・収益力の回復」を掲げており、本件は、同経営計画の取り組みの一環として実行されるもの。

中山金属は、非鉄金属材料の素材及び加工品の販売を行っており、自動車及び二輪分野に多くの優良顧客を有しているため、新設会社の株式取得を決定した。