M&Aニュース検索

JR

JR貨物、グループ会社の再編 不動産関係管理サービス事業の強化図る

  • 5
  • 2015年10月1日

JRグループの日本貨物鉄道(以下「JR貨物」)は、建物管理および建物管理付帯サービスを提供するジェイアール貨物・不動産開発東京貨物開発およびジェイアールエフ・パトロールズの3社について、不動産関係管理サービス事業の強化を図ることを目的として再編すると発表した。

ジェイアール貨物・不動産開発を存続会社とする吸収合併で、再編期日は、平成27年10月1日を予定。施設建設工事監理、修繕等に必要な建設工事・施設管理関係の技術者を1社に集約することで、コストの低減およびノウハウの結集、技術力強化と若手技術者の育成による技術継承を促進させる。

JR貨物グループは、総合物流事業体制の構築をすすめるうえで、その拠点となる物流施設賃貸等を中心とした鉄道事業収益および商業施設賃貸等を中心とした関連事業収益各々の最大化を図るため、関係事業会社を統合させ、建物管理および清掃・警備等の建物管理付帯サービスを提供できる体制の構築を目指す。