M&Aニュース検索

NTTデータ、マレーシアのEC決済代行会社を子会社化 ペイメント事業拡大へ

  • 3
  • 2015年9月7日

システムインテグレーターのNTTデータ【9613】は、子会社のNTT DATA Asia Pacific Pte. Ltdを通じ、マレーシアにおいてPCおよびモバイルを通じたEC決済代行事業における最大シェアを持つiPay88 Sdn. Bhd(以下「iPay88社」)と、同社の株式を取得し、子会社化することで合意したと発表した。

iPay88社は、マレーシアで加盟店および金融機関向け決済代行事業を提供する独立系事業者として、マレーシア国内のEC市場において取扱高、顧客数ともにトップシェアを誇り、確固たるポジションを築いている。

今回の提携で、NTTデータは、成長するAPAC市場におけるEC決済ビジネスの足掛かりを獲得し、CAFIS®等で培ってきたペイメント分野のソリューションやノウハウと、iPay88社の強みである加盟店および金融機関向けの決済代行事業や強固な顧客基盤を組み合わせた、先進的かつ競争力のある各種決済サービスの提供を目指すもの。これにより、マレーシアを含むAPAC地域全般でのペイメント事業について、一層の拡大を目指す考え。