M&Aニュース検索

日清食品HD、ブラジルの合弁会社を連結子会社化 ブラジルでの事業基盤拡大

  • 1
  • 2015年8月28日

日清食品ホールディングス(以下「日清食品」)【2897】は、27日、味の素【2802】とのブラ ジルにおける合弁会社であるNISSIN-AJINOMOTO ALIMENTOS LTDA.(以下「日清味の素アリメントス社」)に関し、味の素が保有する日清味の素アリメントス社持分の取得を目的とした持分譲渡契約を締結すると発表した。

これにより、日清食品の持分は50%から100%となり、同社は連結子会社となる見込み。

日清食品グループは、海外事業の成長・拡大に注力しており、南米エリアのブラジルにおいて、味の素との合弁事業である日清味の素アリメントス社を通じて 即席麺事業を展開してきたが、日清食品グループが日清味の素アリメントス社を引き継ぐことで双方合意に至った。

ブラジルは、南米最大の人口を有し、1年間に約24億食の即席麺需要があることから、日清食品グループは、日清味の素アリメントス社へのサポート・支援体制を充実させることで、事業のさらなる成長を促進し、同国における事業基盤の強化に努めるとしている。