M&Aニュース検索

キャプチャ

伊藤忠商事、中国の大手金属再生事業者に資本参加および子会社を売却へ

  • 2
  • 2015年8月25日

大手総合商社の伊藤忠商事【8001】は、連結子会社である大連新緑再生資源加工有限公司(以下「大連新緑」)を、中国の大手金属再生事業者である斉合天地集団有限公司(以下「斉合天地」)に売却し、一方、斉合天地の株式を一部引き受ける事に合意し、また同時に、香港において斉合天地と伊藤忠商事100%子会社の伊藤忠メタルズ、及び鈴木商会との間で日本及び中国における総合リサイクル事業の共同会社を立ち上げる事に合意したと発表した。

大連新緑は2010年10月に伊藤忠グループ・鈴木商会を主要株主として大連市長興島臨海工業区に総合リサイクル会社として設立。伊藤忠商事と鈴木商会は、大連新緑の更なる成長の為には現地の有力パートナーが必要との判断から、中国の大手金属再生事業者である斉合天地に全株式を譲渡し、その操業・運営を引き渡すもの。

また、伊藤忠商事は斉合天地の株主としての地位を確保し、トレード等の領域に特化する事及び鈴木商会の持つリサイクル技術を生かした支援を行う事で、成長が期待されるアジアでのリサイクルビジネスを強化できると判断し、今回の一連の提携を推進するに至ったとしている。

斉合天地は現在、中国国内及び香港に4カ所のリサイクル拠点を設営し主に欧米から年間約50万㌧から70万㌧の金属スクラップを輸入、鈴木商会は北海道内に本店含む25カ所の事業所を設営し北海道全域でリサイクル事業を行っている。伊藤忠メタルズは全国81社のリサイクル事業者のネットワークを構築して鉄スクラップを取り扱い、海外とも金属リサイクルビジネスを展開しいる。

今回の業務提携を通じ、4社それぞれの強みと大連新緑の加工能力を活かして国際的なリサイクルネットワークを構築するもの。