M&Aニュース検索

エイジス、TOBで自己株式を取得へ 資本効率向上図る

  • 3
  • 2015年8月21日

棚卸サービスのエイジス【4659】 は、20日、自己株式の公開買付けを行うと発表した。

資本効率の向上を図るとともに、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行することを目的とするもので、買付け上限33万株、10億606万円を上限に8月21日から9月17日までを取得期間とする。

TOBの買付価格は1株につき2982円、応募が上限を超える場合には案分比例によって買い付ける。筆頭株主である斉藤ホールディングス(創業家の資産管理会社)から保有株の一部売却に関する打診を受け、これに応じるとしており、斉藤HDでは30万株を応募する方針。