M&Aニュース検索

3088

マツモトキヨシ(3088)、タイにドラッグストア事業運営のための合弁会社設立へ

  • 3
  • 2015年7月29日

(株)マツモトキヨシホールディングス(以下「マツモトキヨシ」)【3088】は、東南アジア最大規模のコングロマリット 「セントラルグループ」の中核会社であるCentral Food Retail Company Ltd.(以下「セントラルフードリテール社」)との間で、タイ王国におけるドラッグストア事業を開発・運営するための合弁会社設立に関する合弁事業契約を締結すると発表した。

マツモトキヨシは、平成25年11月14日付で、セントラルフードリテール社との間で、タイ王国での新たなヘルス& ビューティの事業展開について協議・検討することを目的に基本合意書を締結。 これまでの間、セントラルフードリテール社がタイ王国内で展開する約20店舗において、マツモトキヨシのプライベートブランド商品を核としたテストマーケティングを実施し、購買動向や顧客ニーズを調査・分析するとともに、同国における新たなヘルス&ビューティ事業展開の可能性について協議・検討を重ねてきた。

その結果、同国はドラッグストア事業の展開に有望な市場であると判断し、次のステッ プとしてセントラルフードリテール社との共同出資により、ドラッグストア事業の開発・運営を目的とした合弁会社をタイ王国に設立するに至ったもの。

今後は、両社の持つ専門的なノウハウ・各種リソース・インフラなどの経営資源を活用し、タイ王国におけるドラッグストア事業の展開を推進していく。