M&Aニュース検索

ヤフー(4689)、ソニー不動産へ出資 不動産売買プラットフォーム開発へ

  • 1
  • 2015年7月7日

ヤフー(株)【4689】とソニー不動産(株)は、2日、日本国内の中古住宅流通市場とリフォーム・リノベーション市場の活性化に向けて業務提携契約を締結したと発表した。

今回の業務提携契約の締結に伴い、ヤフーとソニー(株)【6758】は、ソニー不動産の第三者割当増資を引き受け、ヤフーは資本参加、ソニーは追加出資を行う。

ヤフーとソニー不動産は、「Yahoo!不動産」における売買仲介、リフォーム・リノベーション、賃貸管理の各分野で包括的な業務提携を行い、新たなサービスを提供する。その最初の取組みとして、ヤフーとソニー不動産は、ヤフーのメディア力とソニー不動産の技術力を融合し、不動産所有者が主体となって自身のマンションを自由に売り出すことを可能とする新しい不動産売買プラットフォームを共同で開発し、2015年中に公開する方針。

また、ソニー不動産は、第三者割当増資によりヤフーを割当先としてソニー不動産の普通株式を発行し、ヤフーから18億円の出資を受ける予定で、ソニーも当該第三者割当増資と同時に、ソニー不動産に対して約10億円の追加出資を行う。
ソニーによる追加出資とヤフーからの出資により、ソニー不動産への出資比率は、ソニー約56.3%、ヤフー約43.7%となる。