M&Aニュース検索

ジグソー(3914)、Kudanの第三者割当増資引き受け 事業拡大へ

  • 3
  • 2015年6月24日

自動制御システムをクラウド提供するジグソー(株)【3914】は、「Kudan Limited」が設立した日本法人「Kudan(株)」が平成27年7月実施予定の第三者割当増資により発行する普通株式を引き受けることを決議したと発表した。また、同時に欧州と北米に拠点を持ち、Ford, Audi, DHL, BBC, Dyson, Nestle, eBay等の主要顧客において多数の実績を保有するKudan Limitedとの共同の世界展開も同時にスタートする。

「Kudan Limited」は、世界唯一のAR Engineをリリースしており、世界の中でもAR(Augmented Reality:拡張現実)先進エリアであるユーロ圏におけるAR Engine事業において抜群の実績と数々の受賞歴を有する企業であり、今回の出資により、1.IoT領域におけるARの活用及び自動操縦・自動運転のコア技術である自動画像認識分野における技術共同開発。2.IoT-OSとの連動によるグローバルクラウドインフラ連携、ビジネスフィールド拡大に伴う海外市場への進出。3.ジグソーによるセキュアOSの開発。を推進していく。

ジグソーは、今後も有望な技術や事業及びマーケットを保有する国内外の様々な企業への戦略的投資や事業提携を積極的に推進し、IoTの拡大により爆発的に広がるインターネットがつながる世界(デジタルユニバース)を支えるNO.1企業として今後の事業拡大により一層努めるとしている。