M&Aニュース検索

NTTデータ(9613)、米国の金融ITコンサルティング企業を子会社化 サービス拡大へ

  • 1
  • 2015年6月8日

(株)エヌ・ティ・ティ・データ(以下「NTTデータ」)【9613】は、米国の金融ITコンサルティング企業Carlisle & Gallagher Consulting Group,Inc.(以下「CG社」)の株主と、NTTデータの北米事業会社であるNTT DATE,Inc.を通じて発行済株式の100%を譲り受け、完全子会社とすることで合意したと発表した。取得価格は約266億円(212.5百万USドル)。

NTT DATE,Inc.は、これまで得意としてきたシステムインテグレーションやAMO、ITOなどのアウトソーシングサービスに加え、金融分野向けビジネスの強化を目指してきた。一方、CG社は金融業務に特化したコンサルティングやシステム導入サービスを提供し、銀行分野、資産管理・運用分野において、米国大手金融機関を中心に高い評価を得ている。

今回、CG社を子会社化することにより、NTT DATE,Inc.は自社が持つ幅広いサービス・技術に加え、CG社が持つ金融分野の専門的なコンサルティング能力を組み合わせることで、銀行分野、資産管理・運用分野などの業界専門知識を必要とする領域にこれまで以上にサービスを展開していくことが可能となる。

また、CG社の既存の顧客に対しても、NTTデータのグローバルデリバリーネットワークを活かし、高付加価値、かつコスト削減に有効なサービスを提供することで、顧客のさらなる成長に貢献していくとしている。