M&Aニュース検索

新東工業(6339)、ドイツの中子造型機メーカーに資本参加 海外事業を強化

  • 1
  • 2015年5月12日

新東工業(株)【6339】は、ドイツの中子造型機のグローバルトップメーカーであるLaempe & Mössner GmbH (以下「レンぺ社」)に資本参加することを決定し、2015年5月5日付けでメスナー・フェアメーゲン・ベタイルグング社との間で持分譲渡契約を締結したと発表した。出資する持分は40%で、レンぺ社は新東工業の持分法適用会社となる。

レンぺ社は、中子造型機に関するハンドリング技術をはじめ、中子生産のエンジニアリングに優れた技術やノウハウを有し、主に自動車関連業界を中心に幅広い需要を抱え、アジア地区、とりわけ中国への販売に強みをもち、EU域内をはじめ北米、ロシアなどへも納入実績を持つ。

現在、新東工業の中子造型機に係る鋳造設備の主要なユーザーは、日系の大手自動車メーカーとなっており、グローバル市場で高いブランド力と納入実績をもつレンぺ社に資本参加することで、中子造型機の品揃えを拡充しアジア地区での販売力の強化を狙う。