M&Aニュース検索

ビジネス2

昭和電線HD(5805)、子会社がエクシムの吸収合併に向けた検討を開始

  • 1
  • 2015年5月11日

昭和電線ホールディングス(株)【5805】(以下「昭和電線HD」)は、電力システム事業再構築の一環として、連結子会社である昭和電線ケーブルシステム(株)による(株)エクシムの吸収合併について検討を開始したと発表した。

昭和電線ケーブルシステムは、電線・ケーブル、光ファイバケーブルの製造販売を手掛けており、エクシムは、電線・ケーブルの製造販売を行っている。

今回の吸収合併を通じて、昭和電線HDは、グループにおける電力システム事業再構築の一環として、市場の変化に対応した効率的組織への転換を行う目的だ。

今後、昭和電線HDは、エクシムの株主である三菱電線工業(株)とも協議の上、早期実施に向けて検討を進めるとしている。