• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

20

ビジネス・ブレークスルー(2464)、現代幼児基礎教育開発を買収 国際理解教育の拡大へ

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

(株)ビジネス・ブレークスルー【2464】(以下「BBT」)の連結子会社である(株)アオバインターナショナルエデユケイショナルシステムズ(以下「アオバ」)は、現代幼児基礎教育開発(株)の全株式を取得し子会社化すると発表した。取得価格は、185百万円。株式譲渡日は、平成26年11月21日を予定。

アオバは、「アオバジャパン・インターナショナルスクール」を設立し、1歳から高校生までの共学一貫校を運営しており、平成26年には、(※)国際バカロレアの認定候補校になるなど国際教育に非常に強い。
一方、現代幼児基礎教育開発は、東京都中央区晴海エリアにおいて1歳から6歳を対象に、英語・中国語の語学教育やバレエ、ピアノ、空手、算盤などの知育・体育レッスンも取り入れたグローバル教育方針を基礎とする「JCQバイリンガル幼児園」を運営している。

今回の買収により、BBTは、幼児教育における体制の強化、提供地域の拡大、アオバが運営する「アオバジャパン・インターナショナルスクール」の初等部教育との相乗効果を狙う。
今後は、「世界で活躍できるグローバルリーダーの育成」に向け、BBTグループ全体で1歳から大学院、ビジネスパーソンまで一気通貫で教育プログラムを提供する「生涯教育のプラットフォーム」の事業発展を目指したいとしている。

(※) 国際バカロレアとは、インターナショナルスクールの卒業生に、国際的に認められる大学入学資格を与え、大学進学へのルートを確保するとともに、学生の柔軟な知性の育成と,国際理解教育の促進に資することを目的として1968年に国際バカロレア機構が発足。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy