• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

5

レカム(3323)、中国のBPO事業会社を子会社化

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

レカム(株)【3323】は、連結子会社の(株)ニューウェイブビジネスソリューションの子会社である大連新涛諮詢服務有限公司の発行済株式のすべてを譲り受け、直接保有の子会社とすると発表した。

レカムグループは、情報通信機器の販売、設置工事・保守、インターネットサービス、BPO事業(Business Process Outsourcing)等を展開している。その中でも市場の拡大が期待されるBPO事業を、グループの「成長ドライバー」と位置付け、中国の大連市および長春市に現地子会社としてBPO業務センターを設立し、受託業務を遂行しており、今秋にはミャンマーにBPO第3センターを開設すべく準備を進めている。

レカムはBPO事業の拡大施策の一環として、平成26年5月にM&AによりBPO事業を営むニューウェイブビジネスソリューションと大連新涛諮詢服務有限公司の2社を連結子会社としたが、大連新涛諮詢服務有限公司については、100%子会社である大連レカム通信設備有限公司と統合させることが、より経営効率を高められるとの考えから、両社の統合に向けた準備を進めており、その一環として、大連新涛諮詢服務有限公司をレカムの100%子会社とする。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy