• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

12

横浜銀行、東日本銀行と経営統合に着手する方針

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

地方銀行大手の(株)横浜銀行と、(株)東日本銀行との間で経営統合の交渉を進めていることが分かった。これが実現すれば、資産は、約15兆円になり、地方銀行の中で福岡銀行の首位を破り、1位の座に就く。

人口減少による経営環境の厳しさや不良債権の影響を受け、金融庁による中長期成長を目指すという指針のもと、地方銀行に対して、各行による経営統合での再編の動きが出始めている。今回もその一つとなる。今回の横浜銀行と東日本銀行の統合は、企業融資や住宅ローンの強化を図る狙いがあり、顧客基盤や収益力の拡大化を通し競争力につなげる方針のようだ。今回の統合が、地方銀行業界での活性化をもたらす動機づけとなり、今後も、地方銀行再編による経営基盤体制の見直しを図る銀行が増加するだろう。

しかしながら、横浜銀行は、「東日本銀行との間の経営統合の可能性について検討していることは事実ですが、現時点で決定した事実はありません。今後、開示すべき事実を決定した場合には速やかに公表いたします。」とのコメントをしており、正式合意の発表が待たれる。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy