M&Aニュース検索

200px-Loudspeaker.arp.500pix

日特エンジニアリング(6145)、Trigence Semiconductorを買収

  • 25
  • 2014年7月25日

日特エンジニアリング(株)【6145】は、(株)Trigence Semiconductor(以下「Trigence社」)の株式を取得し、業務提携契約を締結すると発表した。

Trigence社は、デジタルスピーカーを実現可能にする独自のデジタル処理技術を実装した半導体の開発販売を行う会社で、独立行政法人科学技術振興機構(JST)や独立行政法人新エネルギー・産業技術総合機構(NEDO)の支援を受けると共に、米国インテルキャピタル(株)産業革新機構から出資を受けている。

日特エンジニアリングは、コイルの生産設備を主力にFA設備の開発・製造・販売を行っており、グローバルニッチマーケットである巻線システムのベンダーとしてリーディングカンパニーであり、また、経済産業省から日本のグローバルニッチトップ100に選定されている。

日特エンジニアリングは数ミリのスピーカーコイル用の巻線システムに係る技術開発を継続的に進めており、今回の提携によってTrigence社のDnote®技術に基づくデジタルスピーカー及びマイクロスピーカーの自動化生産設備の開発を行う。また、生産設備及びDnote®をサポートするグローバルセールスネットワークにより、デジタルスピーカーのプラットフォームを全世界にスピーディーに展開できるとしている。