• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

1

楽天、遺伝子検査サービスのジェネシスヘルスケアに約14億円出資

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

楽天【4755】は、遺伝子検査サービスを提供するジェネシスヘルスケアから約14億円の第三者割当増資を引き受け、同社に出資したと発表した。
なお、同社には楽天の三木谷浩史が社外取締役として就任する。

ジェネシスヘルスケアは、長年の自社による遺伝子解析と同分野における共同研究による実績に加え、遺伝子解析サービスの提供を通じて国内最大規模の遺伝情報データベース(2017年8月時点 アジア地域含む約52万人分)を保有している。2020年には100万人分のデータベースにまで到達させることを目標に、医療や研究機関等の広範囲に向けてサービスを提供できるように、独自の研究を行っている。また、民間向けの検査キット「GeneLife®」(ジーンライフ)の提供を通じて、日々進歩を続けている遺伝子研究により、人々の生活をより豊かにしていくことを目指し、サービスの提供を行っている。

今回の出資に関して、ジェネシスヘルスケア社代表取締役の佐藤 バラン 伊里氏は次のように述べている。
「日本を代表するインターネットサービス企業である楽天からの出資は、次世代の遺伝情報サービスの実現に向けた大きな後押しとなるでしょう。個人が遺伝情報から潜在的な体質を知り、活用することは従来のヘルスケアに大きな変革をもたらします。今後、デジタルヘルス市場において、個人や企業のセルフメディテーションの推進に大きく貢献できると考えています」

楽天の三木谷 浩史氏は以下のように述べている。
「日本が抱える医療費削減や健康意識向上などに向けた課題解決には、ジェネシスヘルスケアの遺伝子解析のような未来技術を活用し、社会にセルフメディケーションの概念を浸透させていくことが必要です。今回の出資により、日本における遺伝子検査サービスに対する理解と普及において、ジェネシスヘルスケアが中心的な役割を果たしていく一助となることを期待しています」

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy