• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

5

マクニカネットワークス、 シンガポールNetpoleon社を子会社化 セキュリティ事業拡大

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークスは、シンガポールのNetpoleon Solutions Pte Ltd.の株式の56.5%を取得し子会社化したと発表した。

マクニカネットワークスは、主に世界の最新のテクノロジーをベースにしたITソリューションを開拓、販売代理店契約を締結し、日本市場に向け独自の技術サービス(導入支援、運用支援、トレーニング、技術サポートなど)を付加するValue
Added Distributor(以下、VAD)として、事業を展開してきた。グローバルに展開する大手ベンダからスタートアップのベンダまで、幅広い仕入先とネットワークを構築しており、特にサイバーセキュリティの分野では業界大手のソリューションも取り扱っている。

今回、マクニカネットワークスが株式を取得したNetpoleon社は、2000年にFrancis Goh Teck Hoe氏が設立したVADであり、本社のあるシンガポールを中心に、東南アジア7ヶ国(Indonesia, Malaysia, Myanmar, Philippines, Singapore, Thailand, Vietnam)に9つのオフィスを持つ、社員数258人の企業。
2016年12月期の売上は71.4Million USDで、その大部分をサイバーセキュリティソリューションが占めている。Netpoleon社は複数のグローバルシステムインテグレータを販売パートナーに、金融業界、通信業界、政府系組織などを中心とした顧客基盤を構築している。

マクニカネットワークスはNetpoleon社の主要株主として、マクニカネットワークスが持つ幅広い仕入先ネットワークを活かしNetpoleon社における取り扱い商材の拡大を支援するとともに、日本市場に提供している高度な独自の技術サービスをNetpoleon社と共有することにより、Netpoleon社が従来以上に高度な技術サービスを東南アジア市場に提供できるようにし、これらの相乗効果により、マクニカネットワークスはNetpoleon社とともに日本およびアジアの代表的なVADとしてセキュリティ事業の業績拡大を目指していく。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy