• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

21

三井住友銀行、タカタに対してDIPファイナンス提供 上限総額250億円

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

三井住友銀行は、タカタに対し、DIPファイナンスを提供すると発表した。

総額250億円を上限とするコミットメントラインを設定する。

三井住友銀行は、タカタのリコール問題発生以降、主力行として金融体制安定化に協力することで、外部専門家委員会とともにリコール問題の解決に取り組んできたが、タカタが東京地方裁判所に民事再生手続き開始の申し立てを行ったことを受け、DIPファイナンスの提供を行うもの。

三井住友銀行は、DIPファイナンスの提供により、タカタの取引先への円滑な支払い等を通じ、タカタ製品の滞りない供給が継続され、グローバルでの自動車産業のサプライチェーン安定に寄与するものと考えており、引き続き金融面からタカタに対して必要な協力を実施していていく。

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy