• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

3

三菱商事、豪2炭鉱の権益を売却へ 1000億円規模

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

総合商社大手の三菱商事【8058】は、100%子会社の三菱デベロップメント社(以下、MDP社)経由で32.4%の権益を保有するハンター・バレー・オペレーションズ炭鉱(以下、HVO炭鉱)及び28.9%の権益を保有するワークワース炭鉱(以下、WW炭鉱)に関し、以下の発表をした。

リオ・ティント社がヤンコール・オーストラリア社にコール&アライド社(以下、C&A社)を売却することに合意したことから、三菱商事保有のタグアロング権(*1)に基づき、三菱商事はヤンコール社とHVO炭鉱権益の売却に関する協議を進めていた。今回、ヤンコール社より、HVO炭鉱権益を買収(権益対価U$710M)する提案を受け、これを受諾することとした。また、同時にヤンコール社に対してWW炭鉱を買収できるオプション(権益対価U$230M)を付与することについても、合意した。

また、三菱商事は、先日リオ・ティント社に対してC&A社買収のオファーを提示したグレンコア社からも、HVO炭鉱権益及びWW炭鉱権益の買収提案を受けていた。グレンコア社がC&A社の買収者となる場合に、U$920Mにて同社提案を受諾することとした。

売却価額は、日本円にして約1000億円。

三菱商事は、「中期経営戦略2018」に於いて、金属資源分野については投融資残高を一定に保ちつつ、積極的な資産入れ替えを進めており、ヤンコール社、あるいはグレンコア社のどちらがC&A買収者になっても売却することとしたもの。
権益売却の合意と共に、一定の本邦向け一般炭独占販売代理店契約についても各社と合意している。
三菱商事は、金属資源トレーディング事業を通じて、今後とも、本邦の電力会社をはじめ、需要の拡大が見込まれるアジアを中心に一般炭の安定供給に努めていく。

(*1) リオ・ティント社がC&A社を第3者に売却する際に、三菱商事が保有するHVO炭鉱権益を当該第3者に売却できる権利。

◆リオ・ティントの概要:
1) 本社所在地 : 6 St James’s Square, London, SW1Y 4AD, United             Kingdom
2) 事業内容 : 世界各国で鉄鉱石・アルミニウム・銅・ダイヤモンド等の鉱山事        業を展開する資源メジャーの1社。Aluminium、Copper &            Diamonds、Energy & Mineral、Iron Oreの4部門から構成。
3) 代 表 者 : Jean-Sebastien Jacques, Chief Executive Officer
4) 創    立 : 1873年

◆ヤンコール・オーストラリアの概要:
1) 本社所在地 : 68 York Street Suite 1105, Level 11 Sydney, NSW            2000, Australia
2) 事業内容 : 一般炭及び原料炭の生産・販売
3) 代 表 者 : Reinhold Schmidt, Chief Executive Officer
4) 創    立 : 2004年

◆グレンコアの概要:
1) 本社所在地 : Baarermattstrasse 3 Baar, CH-6340 Switzerland
2) 事業内容 : 世界各国で銅・石炭・ニッケル等の鉱山事業を展開する資源メ         ジャーの1社で、90種類以上の商品を取り扱う世界最大の資源商社        でもある。Metal and Mineral、Energy Products              Agriculture Productsの3部門から構成。
3) 代 表 者 : Ivan Glasenberg, Chief Executive Officer
4) 創    立 : 1974年

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy