• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

サトウ食品工業、資産管理会社がTOB実施

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

東証2部上場で包装餅、包装米飯のトップメーカーであるサトウ食品工業創業者の資産管理会社である住吉食品有限会社は、サトウ食品工業【2923】の普通株式を公開買付けにより取得すると発表した。

住吉食品は、創業家一族であるとともに、代表取締役社長である佐藤元が発行済株式総数の49.50%を保有し、創業家一族であり取締役である加藤仁と佐藤浩一と合わせて発行済株式総数の59.44%を所有する、創業家の資産管理会社。

住吉食品は、現在、東京証券取引所市場第二部に上場しているサトウ食品工業の発行する普通株式を558,012株(所有割合:11.06%)を所有するサトウ食品工業の筆頭株主である。

今回、住吉食品は、サトウ食品工業の創業家株主が所有する株式1,777,978株(所有割合:35.25%)の一部 (1,489,000株(所有割合:29.52%)を予定。)を取得することを決定した。

本公開買付けは、形式的には、公開買付者が対象者の役員である場合に準じたものであるが、 実質的には、親族間での株式の移動を目的とするものであり、対象者の役員が対象者株式を第三者から買い集めることを目的としたものではない。

本取引が実行された場合には、住吉食品が所有するサトウ食品工業株式は2,047,012株(所有割合:40.58%)となり、 住吉食品はサトウ食品工業のその他の関係会社となる予定。

買付け等の価格は、普通株式1株につき3164円 。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy