• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

12

電通、豪デジタルエージェンシー買収 オセアニア地域加速へ

  • 1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

広告代理店国内首位の電通【4324】の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、オーストラリアのデジタルエージェンシー「Accordant Pty Ltd」( 以下、「アコーダント社」)の株式100%を取得すると発表した。

2014年に設立されたアコーダント社は、ペイドメディアとオウンドメディアを通じて、顧客に最適化されたブランド体験を与える高度なデジタルマーケティングサービスを提供している。統合プラットフォームを活用したデータ管理で顧客体験のパーソナライズ化と検索・表示の最適化を図り、顧客満足度と顧客ROI(投資収益率)の向上に結び付ける手法を強みとしている。

テクノロジー集団であるアコーダント社は、Adobeが認定する「ビジネスソリューション・ パートナー」であり、Adobe Marketing Cloudの活用による最適化ソリューションを提供できる全世界で2社しかないエージェンシーのうちの1社となっている。 同社が提供する主なサービスには、セグメンテーション&プロファイリング設定、顧客体験のパーソナライズ化、検索・表示の最適化、ウェブサイトとモバイルコンテンツのターゲット設定、CRO(Conversion Rate Optimization:ウェブサイト上で獲得できる成果であるコンバージョン率の最適化)施策、分析・レポート、データの集中管理、タグ管理などがある。

電通は、アコーダント社の買収によって専門人材の獲得やメディアとデータなどを活用したデジタルマーケティングの能力向上を図り、現地に展開するデジタルやCRM領域の専門会社であWiTH CollectiveやIsobarといったグループ各社との連携を図ることで、オセアニア地域における成長戦略を加速させていく。

  • 1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy