• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

3

電算システム、フィリピンの企業と資本提携契約 幅広い補完関係構築へ

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

総合型情報処理サービスを提供する電算システム【3630】は、フィリピン最大の電力販売会社メラルコグループであり、フィリピン最大手の収納代行窓口企業であるCIS Bayad Center, Inc.(以下「バヤドセンター」)との協業関係の深化を目的として、同社の発行する株式を取得すると発表した。
発行済株式数に対する所有割合は5%、その出資金額はおよそ5~6億円程度を見込んでいる。

電算システムとバヤドセンターは、2016年3月の合意覚書に基づき、電算システムが日本で提供している収納窓口サービスを、フィリピン国内の小売業店舗で収納代行が取扱いできるソフトウェアサービスとして開発した。同年7月から、電算システム社員をバヤドセンターに派遣した上、両社共同で同国内の小売業店舗との商談を推進しており、2017年夏にはサービス稼動できる見込みとなっている。

さらに、収納窓口サービスにおける業務提携に加えて、両社が共同で推進する事業の範囲を拡げ、日本で行われている統一バーコードによる取扱い業務の簡素化をはじめとした新しい収納代行ビジネスの構築や同社グループに対して電算システムのITサービスを活用するなど、より幅広い範囲で補完関係を構築すべく、協業関係の深化を目的として、今回、バヤドセンターの発行する株式の取得に関する契約を締結した。

具体的には、次の5つの領域での協業関係の深化を予定している。
① フィリピン国内の収納窓口サービスの高度化の推進
② 更なる海外展開を目指す共同事業の推進
③ マルチペイメントプラットフォームの共同構築
④ BPO サービス、バヤドセンター基幹システムへの IT 支援
⑤ Google ビジネス
これらを実現するために、電算システムからバヤドセンターに取締役1名を派遣する予定。

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy