• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

4

みらかHD、子会社の株式移転により臨床検査薬事業を統括する中間持株会社設立

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

臨床検査に関連する事業を手掛けるグループの持株会社であるみらかホールディングス(以下「みらかHD」)【4544】は、平成29年4月3日を効力発生日として、子会社で、免疫血清検査薬など臨床検査薬の開発製造を行う富士レビオ(以下「FRI」)が実施する単独株式移転によって、グループの臨床検査薬事業(以下「IVD事業」)を統括する中間持株会社「富士レビオ・ホールディングス(以下「FRHD」)」を設立すると発表した。

みらかグループのIVD事業は、国内をはじめ、米国、欧州、台湾などに拠点を有し、グローバルな事業体制で研究開発、生産、販売活動等を推進しているが、IVD事業における国内外の市場環境は、経済のグローバル化、医療技術の高度化、先進国における医療費の増加、新興国の経済成長などを背景として、急速に変化している。

こうした中、みらかHDは、グローバル市場におけるニーズをいち早く捉え、開発戦略および販売戦略に反映するとともに、迅速な意思決定によりこれら戦略の実行スピードを加速するための経営体制を構築することが不可欠と判断、今回グループのIVD事業を統括する中間持株会社として、FRHDを設立するもの。

FRHDは、みらかグループIVD事業の戦略策定と子会社の事業管理を主な役割とし、その経営陣はグローバル経営を加速することにより、同事業の成長と収益拡大に寄与することを目指す。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy