M&Aニュース検索

JA全農、スシローグローバルHDへ40億円を上限に出資検討 

  • 1
  • 2017年3月3日

JAグループで農畜産物の販売や生産資材の供給など経済事業を行う全国農業協同組合連合会(以下「JA全農」)は、回転寿司チェーン業界最大手「あきんどスシロー」の親会社であるスシローグローバルホールディングス【3563】の東証への再上場に際して行われる同社株式の売り出しにおいて、同社株式の一部を取得することを検討していると発表した。

株式取得については、スシローグローバルホールディングスの普通株式を上限40億円で取得するとしている。

スシローグローバルホールディングスは、3月30日に東証1部または2部へ新規上場を予定している。上場に際し1912万3100株の売り出しとオーバーアロットメントによる上限201万1600株の売り出しを実施。売り出し株式のうち571万2000株は海外での募集を行うとしており、上場市場は3月21日の公開価格決定後に決まると発表されている。

JA全農は、自己改革の一環として、今後もこのような取組みを積極的に展開し、外食事業者や食品メーカーと連携して国産農畜産物を安定的に消費者に届ける方針である。