M&Aニュース検索

八洲電機、産業電機機器事業を子会社の八洲産機システムに承継 競争力強化へ

  • 3
  • 2017年2月15日

電機技術商社の八洲電機【3153】は、平成29年4月1日を効力発生日として、八洲電機の産業電機機器事業を、子会社である八洲産機システムに承継させる会社分割を行うと発表した。なお、当初、会社分割の方法を新設分割にて検討をすすめていたが、円滑な事業承継推進などの事情により、吸収分割にて行うこととなったもの。

八洲電機は、平成28年4月より、顧客及び取引先視点による市場対応力を強化するため、産業電機機器事業を「産機システム社」として社内分社化し、権限委譲による自主経営の促進により、迅速かつ柔軟な事業推進を行ってきた。

さらに、平成29年4月より、「産機システム社」を分社化し、八洲電機の子会社である八洲産機システムに承継させることにより、より迅速な経営判断と事業に適 した効率的なビジネスモデルを実現させ、更に競争力を高めていくとしている。

なお、本会社は、八洲グループ内で、ドライブシステム・圧縮機・変圧器などの産業電機機器の販売・サービスをワンストップで行う会社を目指している。