• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

3

ダイユー・リックホールディングス、グループ再編 新規事業開発の推進

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ホームセンター及びペットショップを運営するグループの持株会社であるダイユー・リックホールディングス【3546】は、平成28年11月17日付「ペット事業に特化した新会社(分割準備会社)設立に関するお知らせ」において、ペット事業に特化した新会社(以下「分割準備会社」)を設立し、主要連結子会社であるダイユーエイト及びリックコーポレーションが営むペット事業を、平成29年3月1日を目処に統合・分社化する(以下「本組織再編」)旨を公表し、これに基づいて、平成28年11月25日、分割準備会社をダイユー・リックホールディングスの100%子会社として設立した。今回、ダイユーエイト、リックコーポレーション及び分割準備会社は、会社分割(吸収分割)の方式による本組織再編(以下「本件分割」)を行うため、吸収分割契約を締結したと発表した。

日本の流通小売業界を取り巻く市場環境は、人口減少・少子高齢化に伴うマーケットの縮小や、消費者の節約志向・低価格志向の定着、さらには、業界の垣根を超えた企業間競争の激化や流通再編の動きもあって、過去に経験したことのない変化に直面しており、その傾向は今後も顕著になる ものと予想される。

こうした状況下、ダイユー・リックグループは、更なる「攻めの経営戦略」を推進していくとの共通認識のもと、事業規模の拡大を図ることはもとより、ダイユーエイト及びリックコーポレーションの強みを持ち寄って最大化し、シナジー効果を発揮させることを目的として、平成28年9月1日に経営統合を行った。

ダイユー・リックグループとしては、統合のシナジー効果創出の一環として、新規事業開発の推進を目的とし、「ペットワールドアミーゴ」を展開するダイユーエイト及びリックコーポレーションのペット事業を統合・分社化し、より専門性を高めることでショップブランドの確立を可能にするとともに、全国を視野に入れた店舗展開・事業戦略によりペットショップ日本一を目指していくとしている。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy