M&Aニュース検索

フージャースホールディングス、子会社がクリスタルスポーツクラブを子会社化

  • 14
  • 2017年1月18日

持株会社のフージャースホールディングス(以下「フージャースHD」)【3284】は、連結子会社であるスポーツアカデミーが、クリスタルスポーツクラブ(以下「クリスタルスポーツ」)の全株式を取得し、子会社化すると発表した。

フージャースHDグループは「欲しかった暮らしを、しよう。」をコーポレートスローガンに掲げ、 「暮らし」に関する事業展開を通じ、様々なライフスタイルの提案を行っている。その中で、フージャースHDグループ分譲マンションの居住者及び地域住民の暮らしに対する付加価値提供の一環として、本年4月にスポーツアカデミー、8月には宮の森スポーツを子会社化し、スポーツクラブ運営事業に本格参入している。

今回フージャースHDグループの一員となるクリスタルスポーツは、千葉県松戸市にて20年以上、「カラダが喜ぶ声がする」をコンセプトに地域に根付いた店舗運営をしている。子どもからアクティブなシニアまで、快適にカラダを動かすことを目的として、スイミング・フィットネスをはじめ、シニア向け運動機能維持向上のための体操プログラム 「ロコモプログラム」を行っている。

特に、「ロコモプログラム」は健康寿命の延長を目的とした運動で、厚生労働省が進める国民の健康づくり運動「健康日本 21」でも掲げられており、今後の社会において重要なコンテンツとなっている。

クリスタルスポーツをグループの一員とすることで、より一層の提供コンテンツ拡大と首都圏における店舗網の拡大だけでなく、自分らしく輝ける場所の提供や地域活性化に貢献できるとしている。