• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

1

ホーチキ、伊の報知器販売会社を孫会社化 同国内の市場シェア拡大へ

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

火災報知器メーカーのホーチキ【6745】は、連結子会社であるホーチキヨーロッパ(U.K.)リミテッドが、イタリアのD.E.S. SRL(以下「D.E.S.」)の全持分を取得し、子会社化すると発表した。

ホーチキグループは、海外事業の拡大を方針の柱として掲げており、その中で欧州市場は最大規模の販売実績があり、グループが将来にわたり永続的に成長するための最重要攻略マーケットの一つと位置付けている。

今回、株式を取得するD.E.S.は、1990年に設立された、イタリア北部を中心に自動火災報知設備機器やセキュリティ機器を販売する代理店である。

D.E.S.の出資持分取得(子会社化)は、ホーチキの連結子会社であるホーチキヨーロッパ(U.K.)リミテッドの欧州全土に展開してきた幅広いビジネス経験と、D.E.S.のイタリア国内での信頼と販路を有機的に融合させることで、イタリア国内の市場シェアを拡大させることを目的とするもの。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy