M&Aニュース検索

IBJ、かもめを子会社化 旅行事業への進出で総合ライフデザインカンパニーへ

  • 2
  • 2016年12月20日

婚活サイトを核に各種婚活サービスを提供するIBJ【6071】は、海外旅行の企画ツアーを主力として展開するかもめの株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は416百万円。

IBJは、婚活会員数50万名以上を有し、婚活サイト、お見合い・婚活パーティー、合コン、結婚相談所などを運営。成婚にこだわった婚活サービスを提供しているが、成婚カップルを生み出すだけでなく、そのライフデザインサービス(主に結婚前後における生活関連サービス)についても事業領域を拡大することを成長戦略の一つとして掲げている。

その一環として、今年6月に取得したウェディング事業におけるグループシナジーが軌道に乗ってきたことを受け、今回、旅行事業への本格参入を目的とし、海外旅行の企画ツアーを主力として展開するかもめの株式を取得する。

かもめにとって、IBJが保有する婚活会員基盤は、そのメイン顧客層が重複していることもあり、成婚カップルの新婚旅行ニーズのみならず、50万人を超える婚活中の会員の休暇旅行ニーズも新たな営業機会として取り込むことができるため、かもめの収益力の増大に繋がると見込む。さらに、IBJのIT(ウェブマーケティング、サイト構築)のスキルやノウハウをかもめの事業に投下することで、かもめの集客力が向上し、さらなる収益成長を見込めると判断したもの。

IBJは、ウェディング事業に引続き、旅行事業へとその事業領域を拡大させることにより、日本最大級の婚活会員基盤を活かした総合ライフデザインカンパニーへ挑戦したい考え。