M&Aニュース検索

東レ、子会社の東レバッテリーセパレータフィルムを吸収合併 体制基盤強化

  • 2
  • 2016年12月20日

大手化学企業の東レ【3402】は、100%出資の連結子会社で、リチウムイオン二次電池(LIB)用セパレータの生産・販売事業を行っている東レバッテリーセパレータフィルム(以下「東レBSF」)を、2017年4月1日を効力発生日として吸収合併すると発表した。

LIB市場では、従来の民生用電子機器用途に加えて車載用途の急速な量的拡大が見込まれるなど、事業環境が大きく変化しており、LIB用セパレータにおいても成長や機能の高度化への迅速な対応力が、一層重要になってきている。

東レはこうした認識に立って、今後とも適切にLIB用セパレータ事業の拡大に対応するための体制基盤強化を目的として、東レBSFを吸収合併することとしたもの。

LIB用セパレータ事業は、東レが持続可能な循環型社会への転換に向けて強く推進する「グリーンイノベーショ ン事業拡大プロジェクト」の重点事業の1つであり、他の新エネルギー関連事業ともども、今後東レグループの総力を結集して技術開発、事業拡大を進めていくとしている。

このテーマに関するTwitterユーザーのリアクション