• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

1

ジャパンインベストメントアドバイザー、仏Vallair Capital SASへの出資優先株を普通株に転換

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

航空機オペレーティング・リースが柱の金融ソリューション事業を展開するジャパンインベストメントアドバイザー(以下「JIA」)【7172】は、子会社JIAルクセンブルクを通じて、Vallair Capital SAS(以下「Vallair」)へ優先株として合計607百万円(5百万ユーロ)を出資しているが、当該出資優先株を普通株へ転換すると発表した。これにより、Vallairへの普通株出資比率は20%となり、VallairはJIAの持分法適用関連会社となる。

世界の航空機需要は2030年ごろまで堅調に推移すると言われている。今後20年間で約14000機以上の航空機が退役になる見通しで、退役する航空機を解体しその部品・装備を航空機ユーザー(整備会社、航空会社、リース会社等)に販売するパーツアウト・ビジネスが注目され拡大傾向にある。

こうした中、JIAグループは、パーツアウト・ビジネスの専門業者で、また、機齢の経った旅客機を貨物機に改造しリサイクルするコンバージョン事業のノウハウを有するVallairへ出資し、2015年11月より資本・業務提携を行っている。この提携以降、Vallairの業績は、既に約345百万円(3百万ドル)を越える粗利益を計上しており、大変好調に推移している。

今回、JIAのVallairへの出資優先株を普通株へ転換することにより、Vallairとの協業体制を一層強固なものとし、同社の更なる業績拡大がJIAグループの利益にも反映され、併せてJIAのパーツアウト・コンバージョン事業の機会収益の拡大により、グループの一層の業績向上に寄与することが大いに期待できると判断したもの。

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy