• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

7

ヤマハ発動機、富士重工業から米国販売会社を譲受 北米での特機事業強化

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

オートバイを中心とした輸送用機器を製造するヤマハ発動機(以下「ヤマハ」)【7272】と富士重工業【7270】は、富士重工業の一部汎用エンジンの技術資産と、米国販売会社の譲渡について合意し、契約を締結したと発表した。富士重工業が2017年9月末をもって汎用エンジン等の生産・販売を終了することから、2017年10月1日の譲渡完了に向けて、両社で協議を進めていく。

具体的には、大型発電機や大型芝刈り機などに搭載される、富士重工業の汎用エンジン「EH Vツインシリーズ」の3製品(EH65、EH72、EH65V)の技術資産を、ヤマハモーターパワープロダクツ(以下「YMPC」)へ譲渡する。これにより、YMPCは汎用エンジン「EH Vツインシリーズ」の国内外での販売が可能となる。

米国販売会社の譲渡については、富士重工業の子会社であるSubaru Industrial Power Products(富士重工業100%子会社)の全株式をYamaha Motor Corporation, U.S.A(ヤマハ発動機100%子会社)へ譲渡する。これにより、ヤマハは北米における富士重工業の汎用エンジン事業のアフターサービスを継承するとともに、北米での特機事業をさらに強化していく考え。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy