• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

4

SGホールディングス、ベトナム大手宅配事業企業を買収 ベトナム事業強化へ

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

佐川急便を傘下に置く純粋持株会社のSGホールディングス(以下「SGHD」)は、グループの海外事業統括会社であるSGホールディングス・グローバルが、ベトナムにおけるデリバリー事業の拡大・強化と顧客基盤拡大を目的として、ベトナム全土に配送ネットワークを有しデリバリー・ロジスティクス事業を展開しているPhat Loc Express and Trading Joint Stock Company.(以下「Phat Loc Express」)の買収に向け、株式譲渡契約を締結したと発表した。

Phat Loc Expressは、スーパー、コンビニ等の配送などの国内デリバリー事業と、ロジスティクス事業(倉庫・店舗配送)をベトナム国内全63省で展開している。

SGホールディングス・グローバルでは、中期経営計画において、デリバリー事業についてはローカル会社との事業提携を基盤強化の前提としており、ベトナムにおいては、M&Aを活用した自社機能強化が必要かつ有効な手段と判断し、今回買収を決定したもの。

今回の買収で、SGホールディングス・グローバルは、ベトナム事業の国内ネットワークをさらに強固なものとし、地場顧客(約6000社)を取り込むことで、小売向け物流ソリューション・モデルの構築など有益なシナジー創出を見込んでいる。

Phat Loc Expressの買収により、SGホールディングス・グローバルの海外事業会社である佐川急便ベトナム・SG佐川ベトナムは、ベトナムにおける国内輸送業界4位の位置付けとなる。さらに2020年までには3位以内の事業規模への成長を目指すと同時に、ベトナム国内物流最大の課題である輸送品質については、核となるドライバー品質で他社との差別化を図り、ベトナム国内No.1品質を全国展開する総合物流企業を目指す考え。

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy