M&Aニュース検索

エムエム建材、グループ再編へ 東日本地区における在庫・加工機能の最適化

  • 5
  • 2016年12月5日

建設鋼材・冷鉄源事業に関する鉄鋼専門商社であるエムエム建材は、平成29年4月1日(予定)を効力発生日として、エムエム建材を吸収分割会社、ワテックスを吸収分割承継会社とする吸収分割を行うとともに、ワテックスを吸収合併存続会社、大協鋼業を吸収合併消滅会社とする吸収合併を行い、存続会社の商号を「エムエム建材販売」に変更すると発表した。

エムエム建材は、建設鋼材の販売・在庫・加工、さらに各種建築工事まで、建築・建材に必要なあらゆる機能を複合的に提供。H形鋼、コラム、山形鋼、溝形鋼、軽量形鋼、平鋼といった商品を扱う条鋼事業においては、建設用途のあらゆる商品を、高炉メーカー、電炉メーカー、二次加工メーカー各社から仕入れ、特約店を通じて、鉄骨加工業者やゼネコンをはじめとする最終需要家に、幅広く販売している。

そうした中、今回、成長戦略の一環として東日本地区における在庫・加工機能の最適化について検討を続けてきた結果、エムエム建材グループ内の条鋼事業に関する在庫・加工機能(東日本地区)の一元化を行うもの。

具体的には、ワテックスを法律上の存続会社として、エムエム建材グループの条鋼在庫販売関連事業(東日本地区)を集約した会社「エムエム建材販売」を設立し、エムエム建材の当該事業を承継。併せて大協鋼業の吸収合併を行う。

これにより、エムエム建材及びエムエム建材販売の両社において、機能の強化及び企業価値の更なる向上を目指す考え。