M&Aニュース検索

foresthd

フォレストHD、東京ベイテックの第三者割当増資を引受け メディカル分野の事業領域拡大へ

  • 0
  • 2016年11月16日

医薬品、医療機器の卸販売等を行うグループの持株会社であるフォレストホールディングス(以下「フォレストHD」)は、整形外科インプラント・薬事申請・病院専用ホームページ制作等医療の総合プロデュースを手掛ける東京ベイテックが実施する第三者割当増資を引受けることとし、これに伴い東京ベイテックはフォレストHDの子会社としてフォレストグループへ参画することになったと発表した。

東京ベイテックは、整形外科手術材料等の開発、販売を行う医療機器製造販売会社であり、特に骨接合材料の開発において臨床現場のニーズにあった商品の開発を行うことから、取引先などから高い評価を得ている。また、この分野のインプラント製品は、急速に高齢化が進む環境下において患者のQOL向上と低コストを両立させる医療機器として期待が高まっている。

フォレストHDは、かねてよりメディカル分野の事業領域拡大について検討を進めていたが、今回、東京ベイテックをパートナー企業として協業することが、両社の更なる成長につながるものと判断。両社で協議を重ねた結果、東京ベイテックがフォレストグループに参画することに同意し、東京ベイテックが実施する第三者割当増資により発行する新株をフォレストHDが引受けるもの。