M&Aニュース検索

6134

富士機械製造、朝日インテックと資本業務提携 共同研究開発の協力関係強化

  • 0
  • 2016年11月14日

電子基板の自動実装機のほか工作機械などの設計・製造を手掛ける富士機械製造(以下「FUJI」)【6134】と、朝日インテック【7747】は、カテーテル治療分野における次世代医療機器に関する共同開発において、資本業務提携するこ とに合意したと発表した。

FUJIは世界有数の産業用ロボットメーカーとして電子部品実装ロボットやロボット搬送システムを搭載した工作機械の製造販売を行っており、電子部品実装ロボットにおいては世界トップクラスのシェアを獲得している。本年度は工場内生産ラインのIoTやM2Mを進めるシステム「Nexim」のリリースに伴い、FUJI Smart Factory構想を推進している。

また、朝日インテックは、独自のステンレス加工技術などを活かして、血管内カテーテル治療を中心とした医療機器などの開発・製造・販売を行っており、循環器系カテーテル治療に使用されるPTCAガイドワイヤーが国内トップシェアを獲得し、またグローバル規模でも高いシェアを獲得するなどしている。

今回、これらの専門分野の異なる両社の各々の技術力と情報力の強みを活かすことにより、カテーテル治療分野における次世代医療機器を開発することを目的として、共同研究開発の提携を行うこととなったもの。また、この共同研究開発の提携による協力関係をより円滑にし、強化することを目的として、資本業務提携を実施する。