M&Aニュース検索

2931

ユーグレナ、クロレラサプライを子会社化 顧客基盤活かし売り上げ拡大へ

  • 0
  • 2016年11月9日

ミドリムシに関する研究開発のユーグレナ【2931】は、韓国大手食品グループの日本法人である大象ジ ャパン(以下「デサンジャパン」)から、クロレラサプライの発行済株式の100%を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は約579百万円。

ユーグレナグループは、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ、以下「ユーグレナ」)の食品用 途屋外培養技術をコア技術とし、ユーグレナに関する多様な研究開発活動を行うとともに、ユーグレナを活用した機能性食品・化粧品等の製造販売を行うヘルスケア事業、及びユーグレナを活用したバイオ燃料開発等を行うエネルギー・環境事業を展開している。また、ユーグレナグループにおけるユーグレナ原料粉末の生産拠点である八重山殖産は、微細藻類クロレラ(以下「クロレラ」)の生産を創業以来手掛けており、ユーグレナグループは、八重山殖産が生産するクロレラを活用した機能性食品の製造販売及び原料粉末の卸売も展開している。

一方、クロレラサプライは、クロレラを中心とした機能性食品の通販事業を展開しており、創業から20年を超える歴史により培った累計顧客数は58万人を超えている。また、クロレラサプライは、機能性食品の製造工場とコールセンターを自社で保有しており、仕入れた原料の加工から商品の製造販売までを一貫して行うことが可能な体制を有している。

本株式取得によりクロレラサプライがユーグレナグループ入りすることで、ユーグレナはクロレラサプライの大きな顧客基盤を活かしたユーグレナグループ商品のクロスセルが可能となり、ユーグレナグループの売上拡大に寄与することが期待される。また、中期的には現在クロレラサプライが外部から購入しているクロレラ原料粉末を八重山殖産が生産するクロレラ原料粉末に変更していくことで、ユーグレナグループ内取引による連結上の収益化が期待される。

一方、クロレラサプライにおいても、ユーグレナグループの一員となることで、ユーグレナのブランド力や通信販売におけるノウハウを活用し、マーケティング力の更なる強化が可能となる他、ユーグレナグループのクロレラ商品の製造委託や統合によるコスト削減等のシナジーも期待される。

以上の通り、ユーグレナグループ及びクロレラサプライとの間での連携強化により、双方において多大なシナジー実現を図ることが可能と判断し、本株式取得の実施を決定したもの。