M&Aニュース検索

7011.1

三菱重工業、浦和レッドダイヤモンズの株式取得 三菱自動車と共同して浦和レッズを経営

  • 0
  • 2016年11月7日

総合重機メーカーの三菱重工業(以下「三菱重工」)【7011】は、三菱自動車工業(以下「三菱自動車」)が保有するJリーグクラブの浦和レッドダイヤモンズ(以下「浦和レッズ」)の株式の一部を取得し、三菱自動車と共同して浦和レッズの経営に関わると発表した。三菱重工と三菱自動車は、共同で(出資比率 三菱重工60.8%:三菱自動車39.2%)「ダイヤモンドF.C.パートナーズ」を設立し、同社が三菱自動車の保有する浦和レッズ株式の全株(50.6%)を取得する。

浦和レッズは、旧三菱重工サッカー部を母体として発足、Jリーグ設立以来活動をしてきた。

こうした歴史的経緯を踏まえ、今回、浦和レッズのさらなる発展に向け、三菱重工としてできる限りの支援・協力を行なうもの。

今後、浦和レッズが日本のみならずアジア、ひいては世界の強豪クラブとして成長・発展していく過程を支援することで、世界に向けた三菱グループの認知度やブランド力の向上にも寄与するとの考え。