M&Aニュース検索

3082

きちり、BECとHRテック分野における資本業務提携 プラットフォーム強化へ

  • 0
  • 2016年11月4日

レストラン経営等を手掛けるきちり【3082】は、会社を運営する上で発生するバックオフィス業務を自動化し、効率的に管理できるサービス「Gozal(ゴザル)」を運用するBECとの間で、HRテック分野における資本業務提携契約を締結すると発表した。

きちりは、「外食産業の新たなスタンダードの創造」をビジョンとして、多様化する顧客のニーズに対応した高付加価値のサービスを提案・提供するレストラン展開の他、外食事業者向けプラットフォームの構築・提供を行っている。中でも、このプラットフォームシェアリング事業はここ数年で急成長を遂げており、更なるプラットフォーム強化のためにも間接部門の合理化は必要不可欠との認識をもっている。

一方でBECは、クラウドや人工知能(AI)などの最先端のIT関連技術を使って人事関連業務を行う“HR Tech”に積極的に取り組んでおり、中でも、これまであまり効率化・システム化が進んでいなかった労務管理の分野に最新テクノロジーを活用しようと試みている。

このような状況の中、きちりとBECがお互いの強みを活かして、クラウドや人工知能(AI)などの最先端のIT関連技術を使って入社手続きや社会保険や労働保険の手続きなど、面倒な労務をウェブ上で完結するサービスを開発することはきちりのプラットフォーム強化に繋がると考え、今回の本契約締結に至ったもの。

なお、本契約により、きちりの業務効率向上はもとより、プラットフォームシェアリング事業におけるITソリューションの強化、また企業各社へOEM版としてきちりが販売していくことも視野に入れているとしている。