M&Aニュース検索

マイネット、クルーズのゲーム事業の新設分割会社を子会社化 収益力拡大へ

  • 0
  • 2016年10月13日

スマートフォンゲームの開発・運営を手掛けるマイネット【3928】は、クルーズ【2138】が同社のインテーネットコンテンツ事業(以下「ゲーム事業」)の一部を除く事業を会社分割し、新たに分割されるC&Mゲームスの全株式を取得することにより、子会社化すると発表した。なお、取得価額は4500百万円。

マイネットグループは、既にリリースされたスマートフォンゲームの買取、又は協業を通じて、スマートフォンゲームの再生・運営を行う「リビルド」を中心にゲームサービス事業を行っている。現在はスマートフォンゲームセカンダリ市場でのシェア拡大をすすめ、ゲーム業界になくてはならない産業のインフラとなることを目指して事業を行っている。

今回、クルーズから新設法人C&Mゲームスの株式を取得して子会社とすることにより、ゲーム事業が運営する「エレメンタルストーリー」を除く大型IPタイトルを含む16タイトルが新たに加わり、多くのユーザーを取り入れることとなる。既存のスマートフォンゲームの再生・運営を行う「リビルド」のノウハウにより、各タイトルの運営課題解決によって収益力の拡大を目指し、スマートフォンゲームセカンダリ市場におけるマイネットグループのシェアを更に高めていくとともに、企業価値を最大化させ、全てのステークホルダーの利益最大化を目指す考え。