M&Aニュース検索

ストライプインターナショナル、仏のKitsuné Creativeに出資 欧州での事業ノウハウ取得へ

  • 0
  • 2016年10月13日

「earth music&ecology」などのブランドを持つアパレルメーカーのストライプインターナショナルは、フランスのKitsuné Creative S.A.S(以下「キツネ・クリエイティブ」)と、パートナーシップ(出資)契約を締結したと発表した。

キツネ・クリエイティブは、ファッションブランド「メゾン・キツネ」などを展開するフランスのライフスタイルカンパニーで、フランスのエレクトロニックミュージックの2人組ダフト・パンクの前マネージャーであるGildas Loaëc氏と、建築家でファッション、ミュージック、カフェなど様々な事業を手がける黒木理也氏により創設された。2002年にスタートしたメゾン・キツネはヨーロッパや日本を中心に成長し、フランス、アメリカ、東京、香港での路面店展開に加え、世界400か所以上で販売されている。

ストライプインターナショナルは、ヨーロッパにおける事業ノウハウやネットワークの取得、メゾン・キツネの米国およびアジアにおける成長へのサポートなど、両社にとって今後の戦略に大きなシナジーが見込めると判断、今回パートナーシップ契約を締結したもの。

今後、ストライプインターナショナルは、戦略パートナーとしてキツネ・クリエイティブの戦略委員会に加わり、これまで培った経験や米国およびアジアマーケットに関する知識を活用して、メゾン・キツネの飛躍に寄与したい考え。

なお、日本でのメゾン・キツネの展開に関しては、メゾン・キツネ・ジャパンが引き続き運営を行う。