M&Aニュース検索

東京ガス、タイのイースタンパワー&エレクトリックカンパニーの株式取得 タイでの天然ガス火力発電事業参画へ

  • 0
  • 2016年10月7日

燃料ガスの製造、関東を中心とした供給および機器販売などを行う東京瓦斯(以下「東京ガス」)【9531】は、100%出資子会社であるTokyo Gas Asia Pte. Ltd.が、タイ王国において天然ガス火力発電所「バンボー発電所」を所有・運営するイースタンパワー&エレクトリックカンパニーの株式28%を、トタルガス&パワータイランドから取得したと発表した。

タイ王国においては、堅調な経済発展により、電力市場は今後も約3%の成長が見込まれており、そのなかでも天然ガス火力は電源構成の約6割を占めるなど、同国の電源開発計画において今後も重要な役割を担うと見込まれる。

バンボー発電所は、タイ王国の首都バンコクより南東約50kmのサムットプラーカーン県バンボー郡に位置する出力35万kWのガスタービンコンバインドサイクル発電方式の発電所で、2003年の営業運転開始以降、安定した操業を継続。また、タイ王国発電公社との間に、2023年までの長期売買契約を締結しており、安定した収益が期待できるとして、今回、同発電所を運営するイースタンパワー&エレクトリックカンパニーに資本参加するもの。