M&Aニュース検索

3632-3

グリー、子会社が米国のゲーム開発会社を子会社化 海外事業の発展目指す

  • 0
  • 2016年10月6日

ゲーム事業等を手掛けるグリー【3632】は、米国PerBlue, Inc.(以下「PerBlue」)との間で、PerBlueを存続会社として、グリーの連結子会社であるGREE International Entertainment, Inc.(以下「GIE」)が合併のために設立する新会社Parrot Merger, Inc.(以下「PMI」)との合併を行うことでPerBlueをGIEの完全子会社とすると発表した。

グリーは平成23年に北米へ事業進出し、欧米市場向けにモバイルゲームの開発・運営を行い、数々のヒットタイトルを創出してきた。欧米市場は今後も引き続き成長が見込まれる市場であ り、当該市場向けの戦略拠点であるGIEが得意とするミッドコア層向けのジャンルを中心に、既存タイトルの売上拡大および新規タイトル開発にリソースを集中させて海外事業の更なる拡大に取 り組んでいる。

平成20年に米国ウィスコンシン州に設立されたPerBlueは「DragonSoul」を中心に複数の有力ゲームタイトルを開発・運営してきた。今回の株式取得によりGIEは「DragonSoul」に関わる一切の権利を承継することとなる。なお、本株式取得の前に、PerBlueの「DragonSoul」以外の全事業に関わる一切の権利関係等および全ての従業員等はグリーグループ外の別会社に譲渡、移転され、GIEはこれを取得しない。

「DragonSoul」は、高水準のグラフィックス、キャラクター、ソーシャル性の要素を併せ持つミ ッドコア層向けのRPGゲームで、平成27年7月の配信開始以来、既に累計9百万DLの実績を誇り、App Store、Google Play™でのユーザーレビューでも高い評価を得ている、成長中のタイトルとなっている。

本株式取得の後は、GIEが培ってきたミッドコアジャンルのプロダクト運営能力やマーケティング能力等のノウハウを活用し、欧米市場における「DragonSoul」の更なるユーザー層の拡大および売上成長に取り組んでいく考え。また、GIEが運営する既存タイトルで成功しているイベントの移植などによる相乗効果、「DragonSoul」のコンテンポラリーなRPGゲームエンジン取得による開発力の強化、等を通じた海外事業の発展に邁進していくとしている。

このテーマに関するTwitterユーザーのリアクション