M&Aニュース検索

SOMPOホールディングス、エンデュランス社を約6400億円で買収

  • 0
  • 2016年10月5日

持株会社のSOMPOホールディングス【8630】は、100%子会社である損害保険ジャパン日本興亜を通じ、世界最大の保険市場である米国を中心とした事業基盤を持つEndurance Specialty Holdings Ltd.社(以下「エンデュランス社」)を買収する手続きを開始することについて、エンデュランス社と合意したと発表した。なお、取得価額は約6400億円。

SOMPOホールディングスグループは、2016年5月に公表した中期経営計画において、グループ経営理念である「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスの提供」を具現化し社会に貢献するため、サービス産業への構造転換を果たすとともに、グローバルプレイヤーに伍して戦えるポジションの確立を目指している。海外保険事業は、先進国・新興国におけるオーガニック成長と規律あるM&Aの実行による成長加速を通じて、規模と収益の飛躍的な拡大を追求している。

SOMPOホールディングスグループはこれまで、海外保険事業への経営資源シフトを積 極的に進め事業基盤構築、収益拡大に取り組んできた。中期経営計画のもとでは、さらなる成長および資本効率向上の観点から、グローバルで分散の効いた事業ポートフォリオ構築を念頭に、先進国・新興国において元受事業に強みを持つ保険会社の買収について検討を重ねてきた。

エンデュランス社は、経験豊富で実績がある経営陣、および、高い保険引受技術をもつアンダーライティングチームを擁し、米国を中心に元受事業・再保険事業を展開するスペシャルティ保険グループであり、これらの優れた人材をグループに取り込み、真にグローバルに統合された保険事業の構築を目指す考え。これは、SOMPOホールディングスの海外保険事業にとって大きな進展、かつ変革となるものとしている。