M&Aニュース検索

6753.1

シャープ、鴻海グループの物流会社と業務提携及び新会社設立 物流運営機能・管理機能の向上へ

  • 0
  • 2016年10月3日

電気機器大手のシャープ【6753】は、ChengDu Jusda Supply Chain Management Co., LTD.(以下「JUSDA」)と業務提携し、新たにシャープ ジャスダ ロジスティクス(以下「SJL」)を設立すると発表した。

シャープは、新経営体制の発足に伴い、一日も早い黒字化を実現し確かな成長軌道へ乗るため、全社組織の大幅な見直しを行っている。

今回、シャープは、これまで自社で運営してきた物流ソリューション関連事業について、鴻海グループにおいてグローバルに物流関連業務及び物流ソリューション業務を展開しているJUSDAと業務提携し、シャープがこれまで担ってきた物流ソリューション関連業務をSJLに集約するもの。

今後、シャープは、JUSDAとSJLを通じた業務提携のあり方について協議を進める。両社の協業により、物流運営機能・管理機能を高めるとともに、将来的に社外に対しても物流ソリューションを提供していくことで、「物流の効率化・物流コストの低減」と「物流ソリューションの外販による事業拡大」の両面から、収益の拡大を図りたい考え。