M&Aニュース検索

新日鉄住金ソリューションズ、ネットワークバリューコンポネンツを完全子会社化

  • 0
  • 2016年9月30日

システムインテグレータの新日鉄住金ソリューションズ(以下「NSSOL」)【2327】及びネットワークバリューコンポネンツ(以下「NVC」)【3394】は、NSSOLを株式交換完全親会社とし、NVCを株式交換完全子会社とする株式交換を行うと発表した。また、本株式交換の効力発生日(平成29年1月1日予定)に先立ち、NVCの普通株式は、平成28年12月28日付で上場廃止となる予定。

NSSOLはクラウド型インフラサービス「absonne(アブソンヌ)」を中核に運用SEの堅牢な拠点であるITOセンターを東西二拠点に設置し、顧客のITインフラの包括的アウトソーシングサービス(NSFITOS)の高度化と信頼性のさらなる向上を進めてきた。

NVCはネットワーク及びネットワーク・セキュリティ分野において、多くの新しい製品、技術を日本市場へ導入してきたという実績があり、近年はセキュリティにおける高度な脅威への対応、セキュリティサービス事業の強化を図ってきた。

両社は平成25年5月に出資を伴う業務提携を行い、ネットワーク及びネットワーク・セキュリティ分野において、協働を進めてきた。NVCは、NSSOLのシステムインテグレーション事業においてネットワーク・セキュリティ案件に携わり、また、両社で新たなセキュリティサービス等のソリューション開発を実現するなど提携関係は良好に推移している。

一方で、近年、サイバーセキュリティの脅威が益々増加し、より機動的かつ迅速な対応が求められるなか、サイバーセキュリティの担い手となるセキュリティエンジニアは特に業界内でも不足している状況にあ り、優秀な人材の確保は喫緊の課題となっている。このような状況下、両社にて連携強化を検討してきたが、顧客への付加価値提供や企業価値の向上という観点から、NSSOL とNVCが強固な連携体制を構築し、グループの意思決定・人材の交流を始めとした資源配分の決定等のスピードアップを可能にする枠組みを構築するため、NSSOLがNVCを完全子会社化することが最善の策であると判断し、今回、本株式交換を実施することとなったもの。

NSSOLは、NVCを完全子会社化することにより、同社の定評のある新製品開拓力を活用して、最新の技術、市場ニーズを取り込み、ITアウトソーシング事業においてセキュリティソリューションの競争力を強化するとし、NVCは、NSSOLのグループ会社として、NSSOLのシステムインテグレーション、運用サポートサービスでの知見を活用して、より幅広いソリューションを提供していくとしている。